So-net無料ブログ作成

りんごかもしれない  読みました。  [本の紹介]

http://ecx.images-amazon.com/images/I/615GWgYBjbL._SL500_AA300_.jpg

りんごかもしれない、前から気になっていて、本屋で立ち読みもしました。

 それで、今日、ついに買ってしまいました。想像力というのか、帯の言うように妄想か発想力か哲学か分からないが、結構面白い。

春の気配 [出来事]

 今日は暖かくなりました。

 やっと梅が咲き始めました。児童公園の梅を写真に撮ったのですが、美味く読み込めません。

 道端にはオオイヌノフグリやホトケノザなど小さな花々が咲いています。

 また写真を撮りに行ってアップできればなあと思っています。

 

2月に読んだ本 [本の紹介]

 2月に読んだ本のまとめです。
読んだ本の数は少なかったのですが、コミックなどを読み返していたためです。最近、読みたくなる本になかなか出会えません。もっとゆっくり探そうと思います。

2014年2月の読書メーター
読んだ本の数:17冊
読んだページ数:4473ページ
ナイス数:97ナイス

いちねんせいいちねんせい感想
同じく読み聞かせサークルからの借り物。詩集といえど、さすが谷川俊太郎。ユーモアもあればペーソスも、自分を主張する者もいろいろ一年生なりに考えて感じていることを思わせる。
読了日:2月27日 著者:谷川俊太郎
くろねこかあさん (幼児絵本シリーズ)くろねこかあさん (幼児絵本シリーズ)感想
これも読み聞かせグループからの借り物。東君平らしいユーモアがある。白猫の存在が微妙。
読了日:2月27日 著者:東君平
しんせつなともだち(こどものとも絵本)しんせつなともだち(こどものとも絵本)感想
某校の読み聞かせサークルの所持する中から借りてきた。こんな優しい気持ちが子供たちに育つといい。
読了日:2月27日 著者:方軼羣
新装版・梅安冬時雨 仕掛人・藤枝梅安(七) (講談社文庫)新装版・梅安冬時雨 仕掛人・藤枝梅安(七) (講談社文庫)感想
絶筆とわかっていながら読んでしまう。最後はどんな結末を想定していたのだろう。
読了日:2月24日 著者:池波正太郎
剣客商売 (4) (SPコミックス―時代劇シリーズ)剣客商売 (4) (SPコミックス―時代劇シリーズ)感想
劇画を如実に感じられる。大島本のように人情の細やかさに欠ける気がする。
読了日:2月22日 著者:さいとうたかを,池波正太郎,北鏡太
剣客商売 (1) (SPコミックス―時代劇シリーズ)剣客商売 (1) (SPコミックス―時代劇シリーズ)感想
大鹿の作品から読み始めたが、やはり大島のほうがいい。人情味が感じられる。
読了日:2月22日 著者:さいとうたかを,池波正太郎,北鏡太
新装版・梅安乱れ雲 仕掛人・藤枝梅安(五) (講談社文庫)新装版・梅安乱れ雲 仕掛人・藤枝梅安(五) (講談社文庫)
読了日:2月17日 著者:池波正太郎
新装版・梅安影法師 仕掛人・藤枝梅安(六) (講談社文庫)新装版・梅安影法師 仕掛人・藤枝梅安(六) (講談社文庫)
読了日:2月16日 著者:池波正太郎
新装版・梅安針供養 仕掛人・藤枝梅安(四) (講談社文庫)新装版・梅安針供養 仕掛人・藤枝梅安(四) (講談社文庫)
読了日:2月15日 著者:池波正太郎
新装版・梅安最合傘 仕掛人・藤枝梅安(三) (講談社文庫)新装版・梅安最合傘 仕掛人・藤枝梅安(三) (講談社文庫)感想
橋ぶりに読み返した。他の時代物に比べて、やはり読みやすい。
読了日:2月14日 著者:池波正太郎
ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)感想
大輔さんと栞子の関係がいい風に。
読了日:2月14日 著者:三上延
空蝉ノ念-居眠り磐音江戸双紙(45) (双葉文庫)空蝉ノ念-居眠り磐音江戸双紙(45) (双葉文庫)
読了日:2月11日 著者:佐伯泰英
湯島ノ罠-居眠り磐音江戸双紙(44) (双葉文庫)湯島ノ罠-居眠り磐音江戸双紙(44) (双葉文庫)
読了日:2月10日 著者:佐伯泰英
ちょんまげ、ばさら  ぽんぽこ もののけ江戸語り (角川文庫)ちょんまげ、ばさら ぽんぽこ もののけ江戸語り (角川文庫)
読了日:2月10日 著者:高橋由太
暴れ旗本八代目 万里の波 (徳間文庫)暴れ旗本八代目 万里の波 (徳間文庫)
読了日:2月7日 著者:井川香四郎
飛蝶幻殺剣 (広済堂文庫)飛蝶幻殺剣 (広済堂文庫)感想
今まで読んだ井川物とちょっと違う。制定描写をこんなに入れた意図は?
読了日:2月5日 著者:井川香四郎
魔物が棲む町 物書同心居眠り紋蔵 (講談社文庫)魔物が棲む町 物書同心居眠り紋蔵 (講談社文庫)感想
紋蔵の人柄が楽しい。
読了日:2月3日 著者:佐藤雅美

読書メーター

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。