So-net無料ブログ作成

正しい1月の読書記録 [本の紹介]

読書記録の掲載が遅れ遅れになってしまいました。

1月の読書記録をアップします。

読書メーターの記録まとめ欄が時間切れなのか消えてしまったので、文字だけの報告になりました。

また、2週間ほど入院していて記録を妻につけてもらっていたもので抜けているものがあるかもしれません。




読んだ本

:29冊


読んだページ

:9760ページ



感想・レビュー

:12件


ナイス

:31ナイス

読書メーターにつぶやく
Share (facebook)

>>1月の読書メーターをまとめる
※Facebookのデータが更新されない場合





読書グラフ








トップ感想・レビュー!






しのさん

他の時代作家に比べて軽い気がする。


ぼんくら(下) (講談社文庫)


ぼんくら(下) (講談社文庫)
宮部みゆき

本を登録

あらすじ・内容


ナイス! ★4 - コメント(0) - 01/31 - 編集








コメントする




感想・レビュー 一覧(12件)






しのさん

他の時代作家に比べて軽い気がする。


ぼんくら(下) (講談社文庫)


ぼんくら(下) (講談社文庫)
宮部みゆき

本を登録

あらすじ・内容


ナイス! ★4 - コメント(0) - 01/31 - 編集








コメントする







しのさん

相変わらずはっきりしない短編集だ。推理小説としても、何としても。


隼小僧異聞 物書同心居眠り紋蔵 (講談社文庫)


隼小僧異聞 物書同心居眠り紋蔵 (講談社文庫)
佐藤雅美

本を登録

あらすじ・内容


ナイス! - コメント(0) - 01/15 - 編集








コメントする







しのさん

仕事中に居眠りしてしまうという病気を持った同心藤木紋蔵。話がどれも中途半端な感じがする。


物書同心居眠り紋蔵 (講談社文庫)


物書同心居眠り紋蔵 (講談社文庫)
佐藤雅美

本を登録

あらすじ・内容


ナイス! - コメント(0) - 01/14 - 編集








コメントする







しのさん

天保の改革の影響で嵐山も営業できなくなる。そこで草津に湯治に出かけるが、忠治一行を捕えようとする八州周りと闘う羽目に。


奸臣狩り (光文社文庫)


奸臣狩り (光文社文庫)
佐伯泰英

本を登録

あらすじ・内容


ナイス! ★2 - コメント(0) - 01/13 - 編集








コメントする







しのさん

妖怪狩りなのに中途半端に終わってしまった。


妖怪狩り―夏目影二郎始末旅〈4〉 (光文社時代小説文庫)


妖怪狩り―夏目影二郎始末旅〈4〉 (光文社時代小説文庫)
佐伯泰英

本を登録

あらすじ・内容


ナイス! ★1 - コメント(0) - 01/13 - 編集








コメントする







しのさん

南部と津軽の確執。父親の役職の変化に影二郎の役目も変わっていく。


下忍狩り (光文社文庫)


下忍狩り (光文社文庫)
佐伯泰英

本を登録

あらすじ・内容


ナイス! ★2 - コメント(0) - 01/13 - 編集








コメントする







しのさん

影二郎をあちこち引き回した挙句…。


破牢狩り (光文社時代小説文庫)


破牢狩り (光文社時代小説文庫)
佐伯泰英

本を登録

あらすじ・内容


ナイス! - コメント(0) - 01/09 - 編集








コメントする







しのさん

幹次郎と汀女の関係が新しい影同心の立場を作っていく。これはこれで面白い。


流離 吉原裏同心 (光文社文庫)


流離 吉原裏同心 (光文社文庫)
佐伯泰英

本を登録

あらすじ・内容


ナイス! ★1 - コメント(0) - 01/07 - 編集








コメントする







しのさん

これも登録されていない。織田信長登場。猿と光秀の攻防おもしろい。


白孤魔記4 戦国の雲


白孤魔記4 戦国の雲
斉藤洋

本を登録

あらすじ・内容


ナイス! - コメント(0) - 01/04 - 編集








コメントする







しのさん

なぜこれが登録sれていないんだ?いよいよ南北朝時代、楠正成登場。


白孤魔記3 洛中の火


白孤魔記3 洛中の火
斉藤洋

本を登録

あらすじ・内容


ナイス! - コメント(0) - 01/04 - 編集








コメントする







しのさん

ひと眠り85年とはいやはや恐れ入った。減の船が押し寄せてくるのを防いだのは白孤魔丸たちだったのか。


蒙古の波 (白狐魔記 2)


蒙古の波 (白狐魔記 2)
斉藤洋

本を登録

あらすじ・内容


ナイス! - コメント(0) - 01/03 - 編集








コメントする







しのさん

源平時代に仙人というものはどんなものなのか知りたくなった狐。気づかないうちに仙人になっていく。


源平の風 (白狐魔記 1)


源平の風 (白狐魔記 1)
斉藤洋

本を登録

あらすじ・内容


ナイス! ★1 - コメント(0) - 01/02 - 編集








コメントする





読んだ本(29冊)


源平の風 (白狐魔記 1)
源平の風
斉藤洋

蒙古の波 (白狐魔記 2)
蒙古の波
斉藤洋

白孤魔記3 洛中の火
白孤魔記3 洛中の火
斉藤洋

白孤魔記4 戦国の雲
白孤魔記4 戦国の雲
斉藤洋

流離 吉原裏同心 (光文社文庫)
流離 吉原裏同心
佐伯泰英

破牢狩り (光文社時代小説文庫)
破牢狩り
佐伯泰英

下忍狩り (光文社文庫)
下忍狩り
佐伯泰英

妖怪狩り―夏目影二郎始末旅〈4〉 (光文社時代小説文庫)
妖怪狩り―夏目影二郎始末旅〈4〉
佐伯泰英

奸臣狩り (光文社文庫)
奸臣狩り
佐伯泰英

物書同心居眠り紋蔵 (講談社文庫)
物書同心居眠り紋蔵
佐藤雅美

隼小僧異聞 物書同心居眠り紋蔵 (講談社文庫)
隼小僧異聞 物書同心居眠り紋蔵
佐藤雅美

ファイアー・クロニクル: 最古の魔術書II
ファイアー・クロニクル: 最古の魔術書II
ジョン・スティーブンス

白い息―物書同心居眠り紋蔵
白い息―物書同心居眠り紋蔵
佐藤雅美

下駄貫の死―鎌倉河岸捕物控〈7の巻〉 (ハルキ文庫 時代小説文庫)
下駄貫の死―鎌倉河岸捕物控〈7の巻〉
佐伯泰英

独り祝言―鎌倉河岸捕物控〈13の巻〉 (ハルキ文庫 時代小説文庫)
独り祝言―鎌倉河岸捕物控〈13の巻〉
佐伯泰英

隠居宗五郎―鎌倉河岸捕物控〈14の巻〉 (時代小説文庫)
隠居宗五郎―鎌倉河岸捕物控〈14の巻〉
佐伯泰英

夢の夢―鎌倉河岸捕物控〈15の巻〉 (時代小説文庫)
夢の夢―鎌倉河岸捕物控〈15の巻〉
佐伯泰英

八丁堀の火事―鎌倉河岸捕物控〈16の巻〉 (時代小説文庫)
八丁堀の火事―鎌倉河岸捕物控〈16の巻〉
佐伯泰英

銀のなえし―鎌倉河岸捕物控 (ハルキ文庫 時代小説文庫)
銀のなえし―鎌倉河岸捕物控
佐伯泰英

紫房の十手―鎌倉河岸捕物控〈17の巻〉 (時代小説文庫)
紫房の十手―鎌倉河岸捕物控〈17の巻〉
佐伯泰英

冬の蜉蝣―鎌倉河岸捕物控〈12の巻〉 (ハルキ文庫 時代小説文庫)
冬の蜉蝣―鎌倉河岸捕物控〈12の巻〉
佐伯泰英

針いっぽん―鎌倉河岸捕物控〈19の巻〉 (時代小説文庫)
針いっぽん―鎌倉河岸捕物控〈19の巻〉
佐伯泰英

お尋者 物書同心居眠り紋蔵 (講談社文庫)
お尋者 物書同心居眠り紋蔵
佐藤雅美

密約 物書同心居眠り紋蔵 (講談社文庫)
密約 物書同心居眠り紋蔵
佐藤雅美

老博奕打ち 物書同心居眠り紋蔵 (講談社文庫)
老博奕打ち 物書同心居眠り紋蔵
佐藤雅美

向井帯刀の発心 <物書同心居眠り紋蔵> (講談社文庫)
向井帯刀の発心 <物書同心居眠り紋蔵>
佐藤雅美

ぼんくら(上) (講談社文庫)
ぼんくら(上)
宮部みゆき

銀の匙 Silver Spoon 10 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 10巻
荒川弘

ぼんくら(下) (講談社文庫)
ぼんくら(下)
宮部みゆき


読み聞かせ見学 [出来事]

 今日朝、近くの小学校の読み聞かせ見学に行ってきました。

 集まったのは見学の私を含めて8人ほど。中心となっている方の読み聞かせを見せてもらいました。

 その後、図書室で読み方の講習会。新入りの方もいらして、本の持ち方、ページのめくり方など、ごく初歩的なことをやって今した。

 私は何も言わずにその場で聞いていました。今日の占いで「余計なことは言うな」と出ていたので。

 若い皆さんの中で年寄り、それも男が一人混じっていると他の方々も気を使うのでしょう。皆さんが慣れてくれるまで静かにしていようと思います。

 これから、楽しみに出かけていこうと思います。寒いけど。

入院 [出来事]

 肝臓の治療のために2週間入院して、昨日夜帰ってきました。

 本当は昨日退院するはずだったのですが、「明日は退院者が多いので日曜日にできないか」と言われて、それならr今日の退院では」」と聞くと「それでもいい」ということだったので1日早く退院してきました。

 肝臓の腫瘍を焼くために血管造影をしたり薬を入れたり、ラジオ波とかいうのをしたり結構大変なようなその割に暇なような2週間でした。

 欠陥がきれいに浮き上がらないので点滴の針がさせず、2度も3度も刺されることが幾度もありました。最後は初めに助っ人に来てくれた看護師さんを指名してさしてもらいました。他の看護師が失敗するのに、この人は1発で入れられるのです。さすが、と思いました。

 とりあえず、治療はうまくいき、経過観察となりました。ただ、アルコールを飲むと100%再発すると言われたので今後は禁酒です。

 ま、のんびりゆっくりやっていこうと思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。