So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

3月に読んだ本 [本の紹介]

 銀の匙、映画見ました。11冊分を2時間でまとめるのはちょっと無理があるかと…。

2014年3月の読書メーター
読んだ本の数:38冊
読んだページ数:10406ページ
ナイス数:219ナイス

七人の刺客―剣客同心鬼隼人 (ハルキ文庫―時代小説文庫)七人の刺客―剣客同心鬼隼人 (ハルキ文庫―時代小説文庫)感想
捕物帳にも慣れてきたか。しかし、カバーの絵は江戸時代人ではないよな。
読了日:3月27日 著者:鳥羽亮
鬼隼人―剣客同心 (ハルキ文庫―時代小説文庫)鬼隼人―剣客同心 (ハルキ文庫―時代小説文庫)感想
初めて読む作家。名前は前から聞いているが。
読了日:3月26日 著者:鳥羽亮
謀略 警視庁追跡捜査係 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)謀略 警視庁追跡捜査係 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)感想
タイトルと内容との関係がよくわからない。内容が冗長な気がするが…。
読了日:3月26日 著者:堂場瞬一
策謀  (警視庁追跡捜査係)策謀  (警視庁追跡捜査係)感想
久しぶりに刑事ものを読む。なんかまだるこい感じがするのは自分だけか?
読了日:3月23日 著者:堂場瞬一
妻恋河岸: 剣客船頭(四) (光文社時代小説文庫)妻恋河岸: 剣客船頭(四) (光文社時代小説文庫)感想
本来の目的である敵討ちは今回もちょっと触れるだけで終わってしまう。著者の意図がわからない。
読了日:3月23日 著者:稲葉稔
銀の匙 Silver Spoon 8 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 8 (少年サンデーコミックス)感想
農業は現状では厳しい。TPPなんかもあるし、国が本腰を入れて考えないといけないのに何もやってない。
読了日:3月23日 著者:荒川弘
思川契り: 剣客船頭(三) (光文社時代小説文庫)思川契り: 剣客船頭(三) (光文社時代小説文庫)感想
いまいち乗り切れない。文体が自分に合わないのか?と言いながら読んでいる。
読了日:3月21日 著者:稲葉稔
銀の匙 Silver Spoon(7) (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon(7) (少年サンデーコミックス)感想
やっと学祭終わる。八軒にも春?
読了日:3月21日 著者:荒川弘
決闘柳橋: 剣客船頭(七) (光文社文庫 い 37-23 光文社時代小説文庫)決闘柳橋: 剣客船頭(七) (光文社文庫 い 37-23 光文社時代小説文庫)感想
初めて読んだ作家。内容としては可もなく、不可もなしという感じかな。全体の盛り上がりに少し欠ける感じがする。
読了日:3月20日 著者:稲葉稔
鬼平犯科帳 10 (文春文庫 い 4-26)鬼平犯科帳 10 (文春文庫 い 4-26)感想
ぐんぐん引き寄せられてしまう。登場人物がそれぞれ生きて動いている。
読了日:3月19日 著者:池波正太郎
銀の匙 Silver Spoon 6 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 6 (少年サンデーコミックス)感想
最初って何をするにしても緊張するよね。その緊張感がいいのかも。慣れてしまうのもいいけれど、慣れすぎてしまうと…。
読了日:3月19日 著者:荒川弘
辻斬り―剣客商売 (新潮文庫)辻斬り―剣客商売 (新潮文庫)感想
やはり読みやすい。剣よりも人情に重点が置かれているように感じる。
読了日:3月19日 著者:池波正太郎
剣客商売 17 (SPコミックス)剣客商売 17 (SPコミックス)感想
原作を読みなおしたので、こちらも読みなおしてみた。原作をどのように劇画化するか、画家の技量とともに作品の読み取り方がさいとうとは違うのだと思う。
読了日:3月18日 著者:大島やすいち,池波正太郎
剣客商売 春の嵐 (新潮文庫)剣客商売 春の嵐 (新潮文庫)感想
初の長編。読み返してみたが、何度読んでも面白い。
読了日:3月18日 著者:池波正太郎
RDG6 レッドデータガール    星降る夜に願うこと (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG6 レッドデータガール 星降る夜に願うこと (カドカワ銀のさじシリーズ)感想
結局何の話だったのか。ファンタジーなのか、恋愛小説なのか、どちらでもという感じ。
読了日:3月18日 著者:荻原規子
銀の匙 Silver Spoon 5 銀のスプーンつき特別版 (小学館プラス・アンコミックス)銀の匙 Silver Spoon 5 銀のスプーンつき特別版 (小学館プラス・アンコミックス)感想
学祭ってこんなに大変だったっけ。
読了日:3月18日 著者:荒川弘
銀の匙 Silver Spoon 4 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 4 (少年サンデーコミックス)
読了日:3月18日 著者:荒川弘
銀の匙 Silver Spoon 4 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 4 (少年サンデーコミックス)感想
八軒、この先どうなるのか。読み返してもわくわくする。
読了日:3月18日 著者:荒川弘
銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)
読了日:3月17日 著者:荒川弘
銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス)
読了日:3月17日 著者:荒川弘
銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
読了日:3月17日 著者:荒川弘
RDG5 レッドデータガール  学園の一番長い日 (角川文庫)RDG5 レッドデータガール 学園の一番長い日 (角川文庫)感想
結局泉水子が…。
読了日:3月15日 著者:荻原規子
RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女 (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女 (カドカワ銀のさじシリーズ)感想
タイトルの意味が始めよくわからなかった。いよいよ姫神登場か。どうも姫神に敵対するには齢キャラばっかりのような…。
読了日:3月15日 著者:荻原規子
RDG3 レッドデータガール  夏休みの過ごしかた (角川文庫)RDG3 レッドデータガール 夏休みの過ごしかた (角川文庫)感想
初めから大きすぎる相手に出会ってしまったようだ。これがこの後の展開にどう影響を及ぼすのか楽しみ。 
読了日:3月13日 著者:荻原規子
RDG2 レッドデータガール  はじめてのお化粧 (角川文庫)RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (角川文庫)感想
高校篇に入り、登場人物も一通りでそろって、さあこれからという感じ。真澄いい感じ。
読了日:3月13日 著者:荻原規子
RDGレッドデータガール  はじめてのお使い (角川文庫)RDGレッドデータガール はじめてのお使い (角川文庫)
読了日:3月12日 著者:荻原規子
出世花 (ハルキ文庫 た 19-6 時代小説文庫)出世花 (ハルキ文庫 た 19-6 時代小説文庫)感想
よくもこのような舞台設定をしたものだと思う。職業も職業なら、時代も時代だ。宗つまわせられる作品集である。
読了日:3月11日 著者:高田郁
美雪晴れ―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)美雪晴れ―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)感想
やっと澪たちにもよい兆しが表れたか。どんな結末を考えているのか。初めにプロットを組み立てているということなので、楽しみ。
読了日:3月10日 著者:高田郁
残月 みおつくし料理帖 (ハルキ文庫)残月 みおつくし料理帖 (ハルキ文庫)感想
再読してみたが、やはり素晴らしい。澪の成長とともにふきの成長にも目をひかされる。芳が幸せになるといのだが。
読了日:3月8日 著者:高田郁
剣客商売 17 (SPコミックス)剣客商売 17 (SPコミックス)感想
政争に巻き込まれてしまう親子。作者の時代感覚が先走っているような気も…。
読了日:3月7日 著者:大島やすいち,池波正太郎
銀の匙 Silver Spoon 11 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 11 (少年サンデーコミックス)感想
1年生が終わる。退寮式って、寮生活した経験がないからわからないけど、特別な感慨があるのだろうな。
読了日:3月7日 著者:荒川弘
剣客商売 18 (SPコミックス)剣客商売 18 (SPコミックス)感想
孫というのはそんなにかわいいものなのだろうか。大島氏の絵が話の内容を豊かにしてくれている気がする。
読了日:3月7日 著者:大島やすいち,池波正太郎
心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫)心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫)感想
自分の道を進むと決めた澪に次々と難問が…。自分の気持ちを持て余すのもよくわかる気がする。
読了日:3月5日 著者:高田郁
小夜しぐれ (みをつくし料理帖)小夜しぐれ (みをつくし料理帖)感想
小夜しぐれ、冬の夜降る時雨雨。日本語の美しさ、表現の広がりがよくわかる。もっともっと詳しく勉強したいものだ。
読了日:3月5日 著者:高田郁
今朝の春―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-4 時代小説文庫)今朝の春―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-4 時代小説文庫)感想
波乱の1巻である。読むたびに江戸の時代の季節への対処の仕方に感銘する。その季節を苦しみながらも楽しんでいたんだなあと思う。
読了日:3月4日 著者:高田郁
想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)感想
それぞれが抱えている問題をそれなりに自分で解決しつつ歩むのが人なのかと思う。
読了日:3月3日 著者:高田郁
花散らしの雨 みをつくし料理帖花散らしの雨 みをつくし料理帖感想
登場人物が増えて物語が広がりそう。予防接種の無いころの流行病は怖い。
読了日:3月3日 著者:高田郁
八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)感想
最新9巻を読み終えて、次号が最後だということなので改めて読み返してみた。作者の料理への考え方、取り組み方に驚く。
読了日:3月3日 著者:高田郁

読書メーター

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。