So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

1月の読書記録 [本の紹介]

 1月の読書記録、読み直し物が多くなりました。それだけ新しい興味ある物が出ていないというか見つけられなかったということでしょうか。

2013年12月の読書メーター
読んだ本の数:34冊
読んだページ数:11247ページ
ナイス数:74ナイス

風の陰陽師〈4〉さすらい風風の陰陽師〈4〉さすらい風感想
黒住の陰謀にとりこまれる将門。清明もさまざまな苦難に立ち向かう。夢枕獏の世界に行きつく前の阿部清明か。
読了日:12月31日 著者:三田村信行
風の陰陽師〈3〉うろつき鬼風の陰陽師〈3〉うろつき鬼感想
大きな事件が2つあったが、なぜそうなのかよくわからなかった。無理やりくっつけたような。
読了日:12月31日 著者:三田村信行
風の陰陽師〈2〉ねむり姫風の陰陽師〈2〉ねむり姫感想
夢の世界に閉じ込められた咲耶子姫をすこうとする清明。京の町を暗闇に閉じ込めた闇媼と闇の孕み子一味。清明の戦いは果てしない。
読了日:12月29日 著者:三田村信行
風の陰陽師〈1〉きつね童子風の陰陽師〈1〉きつね童子感想
まだ臆病な子供時代の清明。だんだんと力をつけていく。
読了日:12月28日 著者:三田村信行
炎上―吉原裏同心〈8〉 (光文社時代小説文庫)炎上―吉原裏同心〈8〉 (光文社時代小説文庫)感想
田沼との戦いはついに吉原まで巻き込んでしまう。展開も面白い。
読了日:12月28日 著者:佐伯泰英
鵺女狩り (光文社文庫)鵺女狩り (光文社文庫)感想
ますますおどろおどろしくなっていく。開国派の会議は成功するのか。
読了日:12月27日 著者:佐伯泰英
秋帆狩り (光文社文庫)秋帆狩り (光文社文庫)感想
鎖国派と開国派の争い。妖怪の執念深さ。秋帆の西洋大筒の使用法伝授は?
読了日:12月27日 著者:佐伯泰英
遣手―吉原裏同心(六) (光文社時代小説文庫)遣手―吉原裏同心(六) (光文社時代小説文庫)感想
遣手として働き、せっかくためた金が、醜い争いを招いてしまう。信州への旅は大騒ぎである。
読了日:12月26日 著者:佐伯泰英
五家狩り (光文社時代小説文庫)五家狩り (光文社時代小説文庫)感想
何か今までの佐伯文学と違う気がする。何とも読みにくい。ストーリーがもたもたしていると思う。
読了日:12月24日 著者:佐伯泰英
青森ねぶた火祭りの里殺人事件―赤かぶ検事奮戦記〈39〉 (角川文庫)青森ねぶた火祭りの里殺人事件―赤かぶ検事奮戦記〈39〉 (角川文庫)感想
今回もねじれた事件。赤カブ検事の面目面目。
読了日:12月21日 著者:和久峻三
嵯峨野かぐや姫の里殺人事件―赤かぶ検事奮戦記〈33〉 (角川文庫)嵯峨野かぐや姫の里殺人事件―赤かぶ検事奮戦記〈33〉 (角川文庫)感想
赤カブ検事の長編。最後のどんでん返しが面白い。
読了日:12月20日 著者:和久峻三
赤かぶ検事奮戦記〈26〉京都洛北密室の血天井 (角川文庫)赤かぶ検事奮戦記〈26〉京都洛北密室の血天井 (角川文庫)感想
今度は京都。転勤が多い。間を読んでいないので背景がよくわからない部分も。
読了日:12月19日 著者:和久峻三
赤かぶ検事奮戦記〈19〉転勤みやげは死体付き (角川文庫)赤かぶ検事奮戦記〈19〉転勤みやげは死体付き (角川文庫)感想
今度は松本で活躍。登場人物も個性が強い。
読了日:12月19日 著者:和久峻三
赤かぶ検事奮戦記〈18〉おしゃべり地蔵殺人事件 (角川文庫)赤かぶ検事奮戦記〈18〉おしゃべり地蔵殺人事件 (角川文庫)感想
古い作品なので現代の状況にはそぐわないものがあるが、ミステリーとしては高い質を持っている。
読了日:12月19日 著者:和久峻三
獣の奏者 (4)完結編獣の奏者 (4)完結編感想
壮絶なラスト。最後の4日間があってよかった。
読了日:12月18日 著者:上橋菜穂子
獣の奏者 (3)探求編獣の奏者 (3)探求編感想
前の事件から10年を経て、今度は牙の死因の探求に挑まされ、闘蛇の村を回るエリン。王獣の部隊編成を命じられて悩むエリン。その行きつく先は?
読了日:12月16日 著者:上橋菜穂子
獣の奏者 II 王獣編獣の奏者 II 王獣編感想
1度はこれで終わらせるつもりだったようだが、読者の声にこたえたのか、さらに続くことになってしまったようだ。物語の終末としてはやはり少し物足りない。
読了日:12月15日 著者:上橋菜穂子
獣の奏者 I 闘蛇編獣の奏者 I 闘蛇編
読了日:12月14日 著者:上橋菜穂子
物語ること、生きること物語ること、生きること感想
上橋氏の創作の原点をうかがわせる記録。
読了日:12月13日 著者:上橋菜穂子,瀧晴巳
流れ行く者―守り人短編集 (偕成社ワンダーランド 36)流れ行く者―守り人短編集 (偕成社ワンダーランド 36)感想
バルサの生き方がわかる短編集。
読了日:12月13日 著者:上橋菜穂子
狐笛のかなた (新潮文庫)狐笛のかなた (新潮文庫)感想
久しぶりに読み直したが、やはりいい。しかし前のように高ぶりを感じない。なぜだろう。
読了日:12月11日 著者:上橋菜穂子
蒼路の旅人 (新潮文庫)蒼路の旅人 (新潮文庫)感想
シリーズ最終巻につながる外伝その2。サンガルとの死闘の序章。
読了日:12月10日 著者:上橋菜穂子
虚空の旅人 (偕成社ワンダーランド)虚空の旅人 (偕成社ワンダーランド)
読了日:12月10日 著者:上橋菜穂子
天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)感想
遂に完結してしまった。だが、チャグムには厳しい日々が続く。
読了日:12月9日 著者:上橋菜穂子
天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ)天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ)感想
カンバルとロタの同盟に成功。新ヨゴは救えるのか。
読了日:12月9日 著者:上橋菜穂子
天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)感想
国を救うために死者となったチャグム、バルサと出会って困難な道を進む。彼の企てはどのように進められるのか。
読了日:12月7日 著者:上橋菜穂子
悪霊の夜明け (角川文庫―赤かぶ検事奮戦記 (6249))悪霊の夜明け (角川文庫―赤かぶ検事奮戦記 (6249))感想
30年近くも前の作品だがそれなりに読み応えがある。
読了日:12月5日 著者:和久峻三
神の守り人〈下〉帰還編 (新潮文庫)神の守り人〈下〉帰還編 (新潮文庫)感想
ついつい引き込まれてしまう。今回もつらい終末だったがこうなるしかなかったのだろう。
読了日:12月5日 著者:上橋菜穂子
神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)感想
これも何回目になるか覚えていない。ストーリーはある程度覚えているのだが、それでも面白い。
読了日:12月4日 著者:上橋菜穂子
新宿のキリスト (角川文庫―赤かぶ検事奮戦記 (6239))新宿のキリスト (角川文庫―赤かぶ検事奮戦記 (6239))感想
原作を読むとドラマのイメージと違う。
読了日:12月4日 著者:和久峻三
夢の守り人 (偕成社ワンダーランド)夢の守り人 (偕成社ワンダーランド)感想
何回目だろう。何回読んでも引き込まれる。
読了日:12月4日 著者:上橋菜穂子
悪女の証言 (角川文庫―赤かぶ検事奮戦記 (6014))悪女の証言 (角川文庫―赤かぶ検事奮戦記 (6014))感想
テレビドラマではよく観たが、原作は読んでいなかった。検事の仕事というのはもっと忙しいものだと思うが…。
読了日:12月2日 著者:和久峻三
赤かぶ検事奮戦記 12 片目の蝿 (角川文庫 緑 421-46)赤かぶ検事奮戦記 12 片目の蝿 (角川文庫 緑 421-46)感想
トリックが面白い。それを見破る赤カブもさすが。
読了日:12月1日 著者:和久峻三
紅葉の下に猫がいる (角川文庫 緑 431-34 赤かぶ検事奮戦記 7)紅葉の下に猫がいる (角川文庫 緑 431-34 赤かぶ検事奮戦記 7)感想
テレビドラマでは見ていたが、文章として読むの初めてかな。面白い。
読了日:12月1日 著者:和久峻三

読書メーター

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

ぶんぶん

12月に読んだ本になっています。
お身体、大事にして下さいね。
by ぶんぶん (2014-02-02 20:56) 

しのさんの読書日記

 ご指摘ありがとうございます。タイトルの間違いです。

 今後注意します。
by しのさんの読書日記 (2014-02-03 23:20) 

ぶんぶん

タイトルじゃなくて、12月がダブっています。
1月の読書記録が見たいです。
by ぶんぶん (2014-02-07 18:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。