So-net無料ブログ作成

9月に読んだ本 [本の紹介]

 久しぶりに記事を書こうとしたら、パスワードを忘れてしまい、ブログに入れず今日にいたってしまいました。

 今回も時代小説が多くなりました。佐伯泰英の長いシリーズを読み始めてしまい、なかなか他を読めませんでした。

2013年9月の読書メーター
読んだ本の数:21冊
読んだページ数:7671ページ
ナイス数:40ナイス

攘夷 交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)攘夷 交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)感想
1作目から間に4冊入っているので話のつながりを忘れてしまっている。
読了日:9月30日 著者:佐伯泰英
変化 交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)変化 交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)感想
やっと第1作目を読むことができた。何となく安心する。話の続きをよく覚えていない。やはり順番に読まないと話が頭に入っていかない。
読了日:9月30日 著者:佐伯泰英
嗤う闇―女刑事音道貴子 (新潮文庫)嗤う闇―女刑事音道貴子 (新潮文庫)感想
人々の生活の一部を覗き見るような刑事の仕事が煩わしく思えてしまう。
読了日:9月28日 著者:乃南アサ
未練―女刑事音道貴子 (新潮文庫)未練―女刑事音道貴子 (新潮文庫)感想
久しぶりに乃南作品を読んだ。どの短編もありそうなことだなと思う。それだけに関係者の気持ちもうかがえる。その辺の書き方が流石。
読了日:9月26日 著者:乃南アサ
からくり夢時計―DREAM∞CLOCKSからくり夢時計―DREAM∞CLOCKS感想
前半は少し退屈、全体としてタイム誌スりップものとして面白い。
読了日:9月26日 著者:川口雅幸
ドラゴンの眼〈下〉ドラゴンの眼〈下〉感想
後半に行くほどハラハラする展開になっていく。
読了日:9月25日 著者:スティーヴンキング
ドラゴンの眼〈上〉ドラゴンの眼〈上〉感想
優しい語り口だが、丁寧すぎる気も。各章が短いのは読みやすいと言えば読みやすい。ちょっと休んで次に行ける。子どもにとってはいいかも。
読了日:9月25日 著者:スティーヴンキング
えんの松原 (創作童話シリーズ)えんの松原 (創作童話シリーズ)感想
憲平親王と女童にふんした少年音羽の怨霊をめぐる冒険の中に主人公の成長、親王の成長が描かれる。作者2作目の平安朝ファンタジー。
読了日:9月24日 著者:伊藤遊
混沌 交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)混沌 交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)感想
全巻が揃わなくて飛び飛びに読んでいるので、話の流れがよくわからない部分もある。1巻ずつ独立したものとして読んでも面白いが。
読了日:9月23日 著者:佐伯泰英
御暇 交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)御暇 交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)感想
籐之助が暇をとるのかと思ったら・・・。
読了日:9月23日 著者:佐伯泰英
謁見 交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)謁見 交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)感想
ハリスの将軍謁見に護衛として従って西部劇張りの活躍を見せる。幕末の体制の揺らぎがほの見える。
読了日:9月23日 著者:佐伯泰英
上海 交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)上海 交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)感想
ついに国外に行ってしまった。自分の仕事は大丈夫なのか。謹慎中ということで始末をつけているが、それでいいのか。
読了日:9月21日 著者:佐伯泰英
阿片(交代寄合伊那衆異聞) (講談社文庫)阿片(交代寄合伊那衆異聞) (講談社文庫)感想
話がどこへ行くのかよくわからない。世界が広がりすぎていないか?
読了日:9月21日 著者:佐伯泰英
邪宗<交代寄合伊那衆異聞> (講談社文庫)邪宗<交代寄合伊那衆異聞> (講談社文庫)感想
ついに隠れキリシタンまで登場。巻き込まれたほうはえらい迷惑だろう。
読了日:9月21日 著者:佐伯泰英
風雲<交代寄合伊那衆異聞> (講談社文庫)風雲<交代寄合伊那衆異聞> (講談社文庫)感想
老中全員の立ち合いのもと、長崎へ行くよう命令が下る。またも大活躍となる。追いかけていた花魁もかかわって…。
読了日:9月17日 著者:佐伯泰英
雷鳴 交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)雷鳴 交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)感想
1巻が見つからず2巻から読んだので話のつながりがいまひとつわからなかったがこれはこれで面白い。幕末が舞台ということでスケールも大きくなっている。
読了日:9月16日 著者:佐伯泰英
薄紅天女薄紅天女感想
平安前期を舞台にした物語。勾玉の伝説はまだ引き継がれる。
読了日:9月14日 著者:荻原規子
白鳥異伝白鳥異伝感想
水色勾玉に続く2作目。時代は大和朝廷草創期か?遠子と小具那のつながりの深さに感じ入る。
読了日:9月7日 著者:荻原規子
源氏物語 紫の結び(一)源氏物語 紫の結び(一)感想
読書会で紹介するために再読してみた。源氏の君の人生をたどっていることはよくわかる。しかし現実にこの時代の人々がこれほど涙もろく生きていたとは思えない。作者の読み手への媚もあるのだろうか?
読了日:9月6日 著者:
空色勾玉空色勾玉感想
久しぶりに読み返した。日本の古代に時代を置いた作品。登場人物の描写がいい。風景描写もいい。今の日本ではなかなかお目にかかれない風景に惹かれる。
読了日:9月2日 著者:荻原規子
鬼平犯科帳〈20〉 (文春文庫)鬼平犯科帳〈20〉 (文春文庫)感想
相変わらず、池波の文のさえること。どの作品も面白い。
読了日:9月1日 著者:池波正太郎

読書メーター

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

本屋のオバさん

ご無沙汰しております。

やはり佐伯作品にはまりましたか?
時代小説にはまりますと抜けだせませんね。私のオットもほぼ全作品読んでおります。

それにしても一日2冊も読めちゃいますね。スゴイ!
お店のお客様にも大FANの方がおり毎回楽しみにしています。
私は、興味がないのでシリーズ名と作品名が一致せずお客様に教えていただいています。

秋の夜長是非読書を楽しんでくださいませ!
by 本屋のオバさん (2013-10-13 11:48) 

しのさんの読書日記

 おばさんコメントありがとうございます。
佐伯作品は私がというより妻がはまってしまい、私はそのおこぼれを読んでいる感じです。

 今あさのあつこを読んでいます。NO6、前から気になってはいたのですが今回古本屋で安く手に入ったので読んでいます。
by しのさんの読書日記 (2013-10-14 11:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。