So-net無料ブログ作成

北海道 2日目 [出来事]

 2日目、今日もいいお天気で暑い一日になりそうでした。朝の出発は7:45、信じられません。3時間走って東藻琴芝桜公園へ。カーブを曲がるといきなり満開の芝桜が…。

東藻琴芝桜公園全景.jpg芝桜公園全景2.jpg

圧倒されました。バスが中腹まで行ってくれるのですが、渋っていると妻は一人でさっさと山を登り始めて行ってしまいました。集合時間は気にならないらしく、時計を見ようともしません。仕方なく10分ほど前に電話して呼び返しました。飲み物を買いたかったのですが、どの自販機の売り切れ。あきらめました。

 またしばらく走って、網走で昼食。昨日から体を動かしていないのであまり食べれられません。

 午後、バスは知床半島のほうに行くようですが、私たちはタクシーで別行動。ずっと団体行動ではいやになってしまいます。添乗員さんと、昨日から挨拶するようになった女性が手を振って見送ってくれました。

 1時間半ほど走って、神の子池へ。運転手さんは案内しながら運転してくれるのですが、直線だと80K、カーブでも60Kは出ています。説明のために両手をハンドルから離したりするのでびくびくものです。まあ、対向車とか後続車とかほとんどないのですが。

神の子池1.jpg神の子池2.jpg神の子池3.jpg

 摩周湖の伏流水と言われ、水が流れ込むところはありません。毎日12000トンもの水が流れ出ているそうです。きれいな水で底までよく見えます。水中に倒れた木が腐らず、いつまでもそのままだそうです。水温が1年中8度、そのために気が腐りもせず、水がきれいなままです。

 小銭を投げ込まないでくださいという注意書きが…。どこにでも小銭を投げ込む人がいるのですね。

 それから摩周湖の裏側へ。バスの人たちは表側の展望台に行くようですが、私たちはその反対側、裏摩周へ。見物客も少なく、ゆっくり見られました。

裏摩周1.jpg裏摩周2.jpg

 それから阿寒湖畔温泉の宿に向かいましたが、途中、雄阿寒岳と雌阿寒岳の両方が一望できる双岳台、二つの湖が一望できる双湖台というところを見せてもらいました。「天気のいい時でないと、寄れないのであまり言わないでください。」と口止めされました。

 宿は夕食も朝食もバイキング。あまり食べられませんでした。部屋の中が暑くてフロントに言うと、「朝晩まだ寒いので暖房にしている。」とか、昨日今日のお天気を考えろよ。窓を開けて網戸にしてくださいって、窓は15センチくらいしか開かないし、網戸ないじゃん。

 裏摩周で買ってきた焼酎飲んで寝ました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。